埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

遺産分割協議のやり直しについて(相続した財産に後で不満が生じた場合)

Q.遺産分割協議が終わった後数日して内容に不満が生じ、遺産分割協議のやり直しを要求したいのですが、可能でしょうか?
A. ご質問の不満の中身がわかりませんが、例えばもらった土地より、別の土地の方がよかったとか、思ったほど相続税が高くなかったのでもう少し財産を要求したかったなどの理由で遺産分割のやり直しを可能にするには、相続人全員の同意が必要です。
あと相続税の申告前なら良いのですが、申告後ですと余分な税負担がかかってしまいます。
つまり、一度申告して確定した相続財産を移動させることは贈与になるのです。
内容によっては相続税と贈与税の二重払いになることもありますので大きな問題です。
できる限り、遺産分割はやり直しをする必要がないよう、少しでも納得のいかない点がある時は、専門家に依頼するなどして相続にまつわる理解をきちんとした上で行うことです。
特に、土地を相続した場合と現金を相続した場合に同じ一億円相当の価値でも評価の違いで納める相続税はまったく違ってしまいますし、後になって土地の価格が急騰、急落するなど、土地や株式などのように時間とともに評価額が変動する可能性の高いものと現金を別々の相続人が相続する場合は、相続時での評価額だけで判断すると後々不満が出てくる可能性が高いです。
それで後になって「そんなことは知らなかった」「知っていたら別の財産を要求していた」と言いだす相続人が多いのが現状です。
ですから簡単に「兄さんに任せるよ」「おれは忙しいから、お前たちで納得のいくよう進めてくれ」などと人任せにしないことです。
相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391