埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

実子と養子の二重相続人?

Q9.最近、育ての母の弟が亡くなりました(つまり叔父です)。
私は育ての母の実の妹の実子です 実母が亡くなった為、姉である育ての母の養女になりました、兄弟はいません その叔父の遺産相続について伺いたいのですが、 叔父は、配偶者である妻は健在なのですが、子供はいません なので、3/4は妻である叔母が相続し後は、叔父の兄弟で分割相続というのは知っているのですが、私は、実の親の資格と、育ての親の資格と、二つ権利があるのでしょうか? 遅くなりましたが、育ての母は亡くなっています 例えば、叔母の分を引いた残りが150万とします 相続の資格のある叔父の兄弟が三人で、その内の二人が 育ての母と実親です なら、わたしは、二人分の100万を相続できるのですか?それとも、残りの相続人と1/2なのでしょうか? わからないので、教えてください
A9. 結論は、あなたは叔父さんの相続財産の1/4の150万のうち、実母の分と養母の分の両方を相続できます。
実母であるお姉さんの実子としての代襲相続人としての権利と叔母さんの養子としての代襲相続人としての権利の両方があなたにあります。 ただし叔母さんとの養子縁組が普通養子の場合です。 これが特別養子の場合は、実母との縁は切れますので、親子関係がなくなります。
相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391