埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

相続放棄の申し立ては三カ月以内?

Q.相続放棄の申し立ては三カ月以内でないとできないのか?
A. 事例も含めてお答えいたします。
相続放棄は、被相続人の死亡後、自分が相続人になったことを知った時から 3ヶ月以内にしなければなりません。要するに死亡した日からというわけではありません。
また自分が相続人であるとわかっていても遺産内容を詳しく知らなかった、まして故人に借金があったなんて、債権者から督促状が来てはじめて知ったという場合は、3ヶ月を過ぎていても相続放棄ができる場合があります。

こんな方は相続放棄した方が良いでしょう

故人に多額の借金がある、又はそのおそれがある。 たとえば消費者金融からの請求書が数枚見つかったり、個人でも故人に貸していたという人が突然名乗り出てきたりした場合。
故人が保証人・連帯保証人になっていた、又はそのおそれがある。 相談事例をご参照ください。
特定の相続人に相続財産を集中させたい 相続人間で特定の相続人に相続財産を集中させたい場合、他の方が相続をしなけれ ば済むわけではありません。いわゆるゼロ円の相続ですが、この場合だと、後になって、仮に故人に借金があったことが判明した場合、全く相続をしなかった(ゼロ円の相続)人も、借金の支払いは逃れられません。相続人の地位まで失っていないからです。ですから特定の相続人に相続財産を集中させたい場合は、きちんと家庭裁判所に相続放棄の申し立てをして、相続人の地位も無くさなければなりません。
疎遠であったり、面倒を避けたいので、他の相続人とかかわりたくない。 疎遠で仲が良くなかったり、今後特に関わりあいを持ちたくない場合等。

相続放棄事例

3ヶ月以上たっているけど相続放棄はできる場合もある

相続放棄事例 その1
両親が数十年前に離婚して以来、父には1度も会ったことが無く、突然父の友人という方から、父が亡くなったことを知らされた。しかも父には莫大な借金があるということで、それを自分たちが背負わなければならないと聞かされ、途方にくれてしまいました。
相続放棄事例 その2
亡くなった父が連帯保証人になっていた、そして1000万の保証債務があったと父が亡くなって半年後に法律事務所から通知書が届きました。 3ヶ月過ぎての相続放棄は難しいと聞いていましたが、債務があることを知った日から3ヶ月以内なら相続放棄できる可能性があると言われ、手続をお願いし、無事に相続放棄できました。
相続放棄事例 その3
弟は生涯独身で急死したが、市県民税を滞納していたらしく、市から督促状が届きました。よく見ると長男である私が相続人代表にされていました。
相続放棄事例 その4
Aさんは20年前に離婚しました。酒癖と暴力ばかりの夫は、養育費も払ってくれず、Aさんはパートと両親からの援助もあり、なんとか女手ひとつで二人のお子さんを育ててきました。そんなある日突然、保証会社から二人のお子さん宛に督促状が来ました。別れた夫が死去したため、なんと1500万の債務を相続人である二人のお子さんに支払えとい うものでした。
しかも元夫が死去したのは、1年も前のことでした。
Aさんは離婚してから20年間まったく元夫とは会っておらず、二人のお子さんたちも面会をしていませんでした。さらにこの後の調べで、元夫は再婚していました。
でもふたりのお子さんたちは元夫の実子ですから、相続権があります。
Aさんはまだ未成年の二人を前に目の前が真っ暗になりました。
Aさんは救いを求めるように幣事務所を訪れました。そして故人に借金があることを知ってから3カ月以内なら家庭裁判所が十分認めてくれる余地があるということで、すぐ申し立てをし、なんとか無事に相続放棄手続を完了することができました。
ただしこういうケースは特殊ですので、家庭裁判所に上申する内容は、専門家に依頼しましょう。
相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391