埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

死後事務委任契約

「死後事務委任契約」とは、委任者(本人)が受任者に対して、自己の死後の葬儀や埋葬等に関する事務についての代理権を付与して、自己の死後の事務を委託する委任契約をいいます。  

遺言でできる祭祀の承継とは異なります。事務処理ですので、喪主にはなれませんし、遺骨を引き取ることもできません。
また、遺言書の中で死後事務委任を記載し、遺言執行者に対応を依頼したり、祭祀の主宰者を指定したりは可能ですが、遺言内容が即実行されるとは限りませんので、本人が死亡した瞬間から即対応できるようにするための契約が、この死後事務委任契約ということです。

委任契約は、原則委任者の死亡によって終了しますが、委任契約の当事者である委任者と受任者は、「委任者の死亡によっても契約を終了させない」という合意をすることができます。この点が死後事務委任契約の大きな特徴なのです。

例えば一人暮らしの高齢者や身寄りのない方が、自分の死後、遠方にいる子供や疎遠になっている親戚などに頼ることなく、ひっそりと葬儀を済ませたい、身辺整理をしたいという場合や、関係者へ連絡、永代供養などをしっかり行ってもらいたいという場合に信頼できる第三者や機関に任せることで、死後の安心を得ることができます。

相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391