埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

配偶者への2000万円贈与について

  1. 夫婦の婚姻期間が20年を過ぎていること。
  2. 配偶者への贈与財産が「居住用の不動産」または「居住用の不動産を取得するための金銭」であること。
  3. 贈与税の申告期限(贈与を受けた翌年の3月15日)までに、「贈与により取得した居住用不動産」または「贈与を受けた金銭で取得した居住用不動産」に、贈与を受けた配偶者が実際に住み、その後も引き続き住む見込みであること。
  4. 「居住用の不動産」は国内の家屋またはその家屋の敷地(借地権も含む)であること。

※家屋だけ、敷地だけ、の贈与も可能です。

相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391