埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

配偶者の税額軽減、未成年者、障害者の税額控除について

配偶者の税額軽減

配偶者の相続額が
  1. 法定相続分
  2. 1億6000万円

のいずれか大きい方の範囲内であれば税金がかかりません。

事例:相続人は配偶者と子供二人

【1】(法定相続分)を選択する例

相続財産5億円

配偶者が2億円を取得した場合、法定相続分は5億円の1/2で2億5000万円。 1.2いずれか大きい方は2億5000万円なので、2億円は無税。
【2】(1億6000万円)を選択する例

相続財産2億円

配偶者が1億5000万円を取得した場合、法定相続分は2億円の1/2で1億円。
1.2いずれか大きい方は1億6000万円なので、1億5000万円は無税。

未成年者控除

相続人に未成年者がいる場合、「20歳に達するまでの年数×6万円」が税額から控除されます。

障害者控除

「70歳に達するまでの年数×6万円」が税額から控除されます。

相続法務指導員 川島幸雄
埼玉県羽生市の
身近な相続・遺言相談室
相続法務指導員 川島幸雄
行政書士 宅地建物取引主任者
048-580-7391